魔法使いの弟子

6
11

今君が泣いているのは、魔法使いの弟子が教官に怒られているからだ。
子供騙しはよせって?まあいいじゃないか。面白いことを考えよう。
君が毎朝決まった時間に目覚められるのは、毎朝その時間に魔法使いの弟子が小石に躓くからだ。
君が先生に当てられたくないのは、魔法使いの弟子が秘密のほら穴で休んでいるからだ。
君が友達の筆箱を拾ってあげたのは、魔法使いの弟子が泉の水をみんなに分けてあげたからだ。
君が今日の給食が楽しみだったのは、魔法使いの弟子もそれが好きだからだ。
君が彼に怒ったのは、魔法使いの弟子の顔に虫が止まったからだ。
君が本当のことを知っても彼を助けられなかったのは、魔法使いの弟子が秘密のほら穴の中に虎を見たからだ。

何言ってるんだって?でも君の周りを動かしているものもいつもそんなことだ。

ほうら、今君が笑顔なのは、魔法使いの弟子がほら穴に咲く花を見つけたからだ。
ファンタジー
公開:18/09/14 19:30

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容