ウィザード・ウェザー

12
14

「私は魔じゅちゅ師」
突如として目の前に現れた黒いマントを羽織り、黒いフードを被った男が言った。
「失礼、噛んだ。私は魔じゅちゅ師」
どうやら「じゅつ」と言えないらしい。
「失礼。私は魔法使い」
言いかえやがった。
「君、悩みがありそうだな。今、魔じゅちゅ……魔法で心の中を覗いてやろう」
勝手に覗くな。
「なになに……最近、天気が良すぎる。このままでは国が干からびてしまいそうだ。俺に雨を降らせる力があればなぁ、と?」
どこの世界の人間だよ。それに雨なら数日前に降ったし。
「良い奴じゃないか。よし、雨を降らせる呪文を唱えてやろう」
呪文?
「ウェザァーッ!」
天気ー! と叫ばれても……いや、ザァーッてところに雨の意味を込めているのか?
「よし、これで明日は全国的に大荒れの天気となるだろう」
明日も晴れの予報ですけど?
「明日からの『天気』が人生の『転機』となる事を祈っておるぞ!」
はいはい。
ファンタジー
公開:18/09/08 23:58

壬生乃サル

2019年(8/8~)
・のんびり55本ノック!
6/55 (9月12日現在)
2019年(~8/8)
・500まで(180本)ノック!完走。
2018年(5/13~12/31)
・壬生の(320本)ノック!完走。

壬生乃サル (みぶ の さる)
https://twitter.com/saru_of_32

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容