87. チラシの誘惑

16
23

台風が過ぎた次の日のこと。倒れた物干し台を起こそうとベランダに出るとチラシの切れ端が物干し棹にくっついていることに気が付いた。『にん○ん 1本 5○ 円 』チラシは所々読めない箇所があったが大好きな人参が安そうだったので午後から車でここに向かった。着いた先は大きめの建物。ボロボロの状態のチラシの切れ端を従業員に見せるとにやりと私の顔を見ていやらしく笑った。「お客様は見る限り30代の前半でまだまだお美しいのにもっとお若くなりたいのですね?」そう言うと書類の記入を求めてきた。「野菜を買うのに書類が必要なんですか?」驚いてそう聞くと「おやおやこれはにんげん 1体 50万円 と書いてあるのですよ。あなたはこれから我々と契約を結び自殺志願の若者を騙し連れてきて臓器は外国に、血は若返るためにあなたに還元するのです。残念ですがこの秘密を知ったのでもう逃げられませんよ」
そう言うと私に何かを注射した──。
ホラー
公開:18/09/06 23:57
更新:19/02/25 02:51

ことのは もも( 日本 )

日本語が好き♡
18歳の頃から時々文章を書いています。
最近書いたものと昔書いたものをランダムにアップしています。
どれかひとつでも誰かの心に届きます様に☆
感想はいつでもお待ちしています!
宜しくお願い致します☆

2018年5月から書き始めて、2019年3月の時点で200作になりました。
これからもゆっくりですが、コツコツ書いていこうと思います(*^^*)
 

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容