19
19

この部屋に初めて遊びに来た彼が言った。

「ししゅう、みせてよ!」

そう、彼は私が趣味で書いているものの存在を知っているのだ。

「やぁだ、恥ずかしいじゃん…。」

私は彼に一目惚れした時から、その時々の彼に対する気持ちを詩として綴ってきたのでそれらを見られるのは生きてけないほど恥ずかしい…。

「え?もしかして死ぬほど恥ずかしいとか思ってんの!?」

「う、うん…。」

「でも君に断る権利はないんだよ」

彼は低い声でそう呟くと、キッチンにあった包丁を一瞬の躊躇もなく私の心臓目掛けて振り下ろした。

ザクッッッ!!!

血飛沫が勢いよく飛び散り、私の意識は直ぐに混濁していった・・・。


「死臭、魅せてもらうね!」
ホラー
公開:18/09/06 02:59
更新:18/09/06 03:03

ことのは もも( 日本 )

日本語が好き♡
18歳の頃から時々文章を書いています。
最近書いたものと昔書いたものをランダムにアップしています。
どれかひとつでも誰かの心に届きます様に☆
感想はいつでもお待ちしています!
宜しくお願い致します☆

2018年5月から書き始めて、2019年3月の時点で200作になりました。
これからもゆっくりですが、コツコツ書いていこうと思います(*^^*)
 

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容