85.『憧れ』

30
44

今日は友人と一緒に憧れのゴスペルのライブを観に来た。定刻通りに始まったライブだが、一曲目が終わり二曲目でステージ全体を見渡してハッとした。
最前列の左側でイキイキと歌っている女性が自分にソックリだったからだ。あまりにビックリしたので思わず友人の肩を叩いた。

友人は何を今更と言わんばかりに「愛が出演するから観に来てって言ったんでしょ」と私の名前を言った。
なに、どういうこと?じゃあここにいる私は誰?

「出演するけどどんな感じか客席から観てみたいから付き合ってって言ったのも愛だからね!」
そう言うと持っていた、ある取説を見せてくれた。

「因みにステージのあんたもここにいるあんたもクローンだよ」

あぁ、そういえば思い出した。私は父の知り合いのエンジニアの方が作った『憧れ』というタイトルのクローンだった。

本当の私は今日も自室のPCで、私たち(クローン2体)を無表情で観ているだろう。
SF
公開:18/09/04 02:56
更新:18/11/28 15:37

ことのは もも( 日本 )

日本語が好き♡
18歳の頃から時々文章を書いています。
最近書いたものと昔書いたものをランダムにアップしています。
どれかひとつでも誰かの心に届きます様に☆
感想はいつでもお待ちしています!
宜しくお願い致します☆

2018年5月から書き始めて、2019年3月の時点で200作になりました。
これからもゆっくりですが、コツコツ書いていこうと思います(*^^*)
 

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容