海潮音

6
16

 数億年の間、貝たちは海を夢見ていた。暗く冷たく、優しく豊かな海を。
 いつしか地殻は変動し、海底は貝を呑み込んだまま峻厳な山となった。固い岩の中に封じ籠められたまま、貝たちは海を想い、呼び続けた。
 あるとき、ひとりの人間が岩にハンマーを打ちつけ、ひとつの貝を取り出した。
 外気に触れた貝は海を呼んだ。その声がかすかな漣の音となって、人間の鼓膜に触れた。
 山頂で貝の化石を掘り出すと海の音が聞こえる……その噂はたちまちのうちに広がり、人々は山に登った。
 大がかりな化石発掘ツアーの客たちがやってきた。彼らは山を蝕むように岩を堀り、次々に貝を探り当てた。
 貝たちは鳴いた。海を呼んだ。その声は渦となり広がった。
 そして、海がやってきた。山頂にいた人間たちを呑み込み、掘り出された貝たちを連れていった。
 後には、荒れた山肌が残るばかりだった。
ファンタジー
公開:18/11/19 15:38
更新:18/11/20 08:11

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容