すまし顔の彼女

4
7

毎年3月になると僕と妹の部屋に雛人形が飾られる。僕は雛人形が嫌いだ。遊ぶ場所が狭くなるし、ボールで遊んでたらママに怒られる。だから、妹が眠った後こっそり怪獣の人形を雛段に並べた。明日の妹の驚く顔が楽しみだった。
翌朝、目覚めると怪獣が雛壇から落とされていた。妹に聞くと、知らないと言う。
誰がやったんだろう…。
その日の夜も僕は怪獣を並べた。
夜、顔に何かが当たって僕は目を覚ました。雛壇に並べたはずの怪獣だった。雛壇を見ると、お雛様がファイティングポーズをとっていた。ドロップキック、ジャイアントスイング、投げっぱなしジャーマン。女子プロレスラー顔負けの技の祭典で、次々と怪獣を蹴散らしていく。やがて、お雛様は全ての怪獣を排除して僕を睨んだ。
「おいクソガキ、二度とするんじゃねぇぞ!」
「はい!」
「それと、この事は誰にも言うな!」
「はい!」
その時、僕は人生の教訓を得た。

女の人って怖い。
ファンタジー
公開:18/11/11 17:09
更新:18/12/07 22:03

のりてるぴか( ちばけん )

月の音色リスナーです。
ショートショートって難しい。
最初の頃は400字は短すぎるなんて思ってましたが、色々書くうちに400字に無限の可能性を感じるようになりました。

読んだ人の心が少しでも動いたらいいな。何かを感じてくれたらいいなと思って書いてます。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容