3つ目の数字

2
8

真っ赤に染まった指がプルプルと小刻みに震えている。その指で数字に触れる。
1つ、2つ、あれ? 3つ目はどちらが良いのだろう? まぁ、良いや。 
それはすぐに繋がった。私の脳裏に先ほどの光景が浮かぶ。


私は美容師。可愛くてスタイルも抜群。男性も担当している。常連のおっちゃんの髪を切り終え、洗髪している時のことだ。
「痒いところありませんか?」
「背中」
「あはは。手が濡れてるから掻けませんよぉ」
「じゃあ、お尻」
「やだぁ、もう。怒りますよ?」
「あ、頬が痒い」
「頬? このへんですか?」
その瞬間、手をペロリと舐められた。そこから先は覚えていない。


「……で、気付けば、お客が頭から血を流していた、と?」
「はい。頭に虫が湧いていたようで。痒みの原因ならば掻き出さなきゃ、と。シャワーヘッドで割ったんですかねぇ?」

もうすぐ、ここに救急車が来るだろう。
9より0の方が良かったかしら?
ミステリー・推理
公開:18/11/08 23:20
痒いところありませんか?119 スクー

壬生乃サル

2019年(8/8~)
・のんびり55本ノック!
11/55 (10月15日現在)
2019年(~8/8)
・500まで(180本)ノック!完走。
2018年(5/13~12/31)
・壬生の(320本)ノック!完走。

壬生乃サル (みぶ の さる)
https://twitter.com/saru_of_32

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容