「くり」

6
11

太陽のソルくんと月のルナちゃんは大の仲良し。
赤の他人だけど、顔がそっくり。
ソルくんの顔はむっくりしている。
ルナちゃんの顔はぷっくりしている。
二人とも動作はゆっくりだ。
とにかく二人は似た者同士で、しっくりきている。
「ソルくん、へそくりしているでしょ?」
突然そう言われて、ごくりと唾をのむ。
「あ、ぎっくりしたね? 図星なんだー」
バレたかと、ソルくんはがっくり肩を落とす。
ルナちゃんがくりくりした瞳を潤ませ言った。
「ゴメンね。ソルくんが大事にしていたとっくり、落しちゃったの」
確かにぱっくり割れていた。
「これが隠し場所がバレた、からくりか。まぁ、隠し事していたのは僕だし文句は言えないね」
「じゃあ、お詫びに『くり』拾ってきてよ」
「くり?」
「そう……」ルナちゃんはこっくり頷き、こう言った。
「この物語の中にいっぱいあるでしょ?」
ソルくんはびっくりして、ひっくり返っていた。
その他
公開:18/11/08 22:50
月に代わって栗拾い スクー おまけ① 今回一番最初に書いていたやつ

壬生乃サル

2019年(8/8~)
・のんびり55本ノック!
6/55 (9月12日現在)
2019年(~8/8)
・500まで(180本)ノック!完走。
2018年(5/13~12/31)
・壬生の(320本)ノック!完走。

壬生乃サル (みぶ の さる)
https://twitter.com/saru_of_32

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容