白衣の小悪魔

2
5

私の彼は硬派だ。
だから苛めてみる事にした。

「おい、これはどういう事だ?」
「似合ってるよー。天使みたい♪」
「似合ってる、だと? バカな! こんなものオレに似合うはずがない!」
「さぁ、始めましょうか?」
「な、何をだ?」
「触診よ、しょ・く・し・ん♪」
「なっ……」

スカイブルーに囲まれた部屋。
白衣を身に纏った私は彼をベッドに押し倒す。
そして、彼に着させたナース服に手をかけ、引き裂いた。
はだけた胸元から露になる、ぷっくりした突起物。
それを、そっと摘まむ。

「……っ!」
「あれあれー? もう硬くなってますよー♪」
「ちょっと待った! こんな服を着てする必要があるのか?」
「うん。院長と新人ナースってシチュエーションだよ♪」
「だとしても、役が逆じゃないのか?」
「えー? こっちの方が萌えるでしょ?」
「く、くだらん!」

さぁ、未知なる世界へ……。

Fly high!!
青春
公開:18/11/08 23:58
更新:18/11/09 11:28
スカイダイビングする白衣の天使 スクー おまけ④ アウト?セーフ? そるとさんに捧ぐ

壬生乃サル

壬生乃サル(みぶ・の・さる、みぶの・さる)でございます。

ダジャレ好き。「わけわからん」「なにこれ?」「しょーもな!」それが壬生ワールド。ちょっとした息抜きにどうぞ!

壬生の(320本)ノック!
236/320 (10/31時点)

10月強化(迷走)月間終了!
11月はのんびり。Twitterで書いていたのを転載したりして、1日1本は何かしら出します(笑)

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容