物語の切れ端

5
10

窓の外には、秋の夕方の、赤紫と青とがくっきりと分かれた空が広がっている。
そんな景色を背景にしているからか、その窓には僕がいる室内の様子が、鏡みたいに反射して映っている。
天井に蛍光灯。
部屋の隅っこにある水槽と熱帯魚。
そして奥には部屋の扉。

ふと、窓に映る部屋の扉が少し開いた。
違和感を覚えて、室内の、ほんとうの扉を振り返る。おかしい、開いていない。

もう一度窓の方を見る。
一人の少年が、半身になって手をこまねいている。

一緒に出掛けようよ。あのときに落とした大切なものをもう一回拾いに行かなくちゃ。

少年の声が聞こえた。どこかで聞いたことのある声。懐かしい感じがして、立ち上がる。

急いで。この部屋の灯りが消えるまでに戻ってこないと、同じ世界には帰れなくなる。


その後彼は無事にこの部屋へと帰ってきたのだが、一体どんな世界を見てきたのか、水槽の中の私は知る由もない。
公開:18/11/07 19:02

たけなが


たくさん物語が作れるよう、精進します。
よろしくお願いします!

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容