有りし頃を夢見て

5
8

父は抗がん剤の治療のため、毛髪が抜けてしまった。覚悟はしていた。それでもやはりショックだったらしい。その日以来、鏡を見なくなった。

治療中、強い痛みが出るときがある。痛み止めにはモルヒネが使われた。
モルヒネは日々進化している。例えば、薬が効いて、うつらうつらしているとき、夢の中で自分の好きな匂いを再現できるようになった。脳の、痛みを感じる部分に働くと共に、匂いを感じる部分にも作用するらしい。
「お父さん、夢の中で何の匂いを嗅いでみたい?」
「そうだな、シャンプーかな」
「シャンプー?」
「夢の中では髪が生えていて、思いっきりシャンプーしたい」

希望通り、父のモルヒネは夢の中でシャンプーの匂いを発した。
「今日は洗いたての髪で三つ編みをしてみたぞ」
目が覚めると、父は楽しそうに話してくれるようになった。

抗がん剤治療が打ち切られたのは、それから1か月後のことだった。
その他
公開:18/11/05 21:52
スクー シャンプーの匂いがするモルヒネ

いづみ( 東京 )

文章を書くのが大好きです。
いつかちゃんと書きたいと思っているネタが3本ありますが、いまだ手付かずのまま。
まずはショートショートで修行します。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容