132. 本を飼う

8
10

昨今の流行りは『本を飼うこと』。本を深く愛でているとそのうちなついて本の方から飼い主にすり寄って自分のことを色々と話してくれるようになるのだ。
僕は親にプレゼントされた洋書を飼い始めた。最初の頃はコミュニケーションが全く取れず洋ちゃんが何を求めているのか理解できなかったが一ヶ月経つ頃には話していることが聞き取れるように。まるで人間の子供が少しずつ話し始めるみたいに洋ちゃんとの会話は徐々に増えていった。英語はとても苦手だったので自分でも驚いた。洋ちゃんとは3ヶ月経つ頃にはすっかり意志疎通出来るようになり毎日凄く嬉しそうに僕にすり寄ってきた。
そんなある日、とある小説が映画の原作に選ばれた。途端にそれを飼い小説の内容を頭に入れ映画を観に行く人が増えたが、時々散歩中に愛想の良い子が通りすがりの人に駆け寄りあらすじを話してしまうという事案が発生したので、以後小説を飼うのは法律で禁止されてしまった。
ファンタジー
公開:18/11/06 21:00
更新:18/11/07 17:13

ことのは もも( 日本 )

日本語が好き♡
18歳の頃から時々文章を書いています。
最近書いたものと昔書いたものをランダムにアップしています。
どれかひとつでも誰かの心に届きます様に☆
感想はいつでもお待ちしています!
宜しくお願い致します☆

2018年5月から書き始めて、2019年3月の時点で200作になりました。
これからもゆっくりですが、コツコツ書いていこうと思います(*^^*)
 

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容