引き潮ぬる燗  山姥

2
5

女が薄汚れた大きな瓶を抱きしめて座っている。
随分持ちにくい物を抱えているその異様なさまは、周りからなかったものとして視界からはぐらかされていた。
「あんた!こんなところ座ってないでお国の為に働きなさいよ!あんただけ苦しいんじゃないんだ!」
苛立ったカヨが見つけて言った。そして、瓶に触ろうとした。
「や、め、ろぉお!これに触るなぁぁ」
嗄れ声でカヨを睨むように女は瓶を庇った。カヨも負けてない。
「気色悪いんだよ!捨てなさいよっ!」
カヨは言い不意に瓶の中を覗いてしまった。すぐ腰を抜かし声が次に出ない。傍観者のように見てた人々もその様子は只事ではないと寄ってきた。
「あっ!あっ!、あの中に赤ん坊が詰めてある」
そう告げるとその場で吐いた。
その女がブツブツ言う。
「この瓶の子は私のお腹の中。ぬる燗で、そして引き潮に乗せてまだ私の元に来る前に戻しましょう」
…山姥…。女を制しできる者はおらず。
ホラー
公開:18/11/01 23:00
更新:18/11/05 02:12
スクー 引き潮ぬる燗

さささ ゆゆ( 神奈川 )

「漢方ショートショート」シリーズを始めました!

漢方に関する本は色々とありますが、「漢方ショートショート」は不思議な話に漢方を織り交ぜて、不思議な話から皆さんの記憶に残る「漢方養生」を伝えていきたいと思います!
楽しく、健康になろう♪がコンセプトです。
よろしくお願いします!

その他のショートショートも、もちろんやってます!
お楽しみ下さい!楽しいも怖いも不思議もごちゃ混ぜは変わらずです!

Twitter:さささ ゆゆ@sa3_yu2





 

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容