人事部の次期エース

6
6

人事部に異動した初日、何気なく置いてあったメモに驚いた。そこには早くも次の異動プランが記されており、同僚のミカから、彼女が憧れている田中係長のいる部署に、矢印が引かれていたのだ。

「あ、それね。どうも田中くんからも矢印伸びてるっぽいんだよね」

突然現れた人事部長は、私の盗み見には一切触れず、淡々と続けた。

「あ、うちの人事、すべて恋愛ベースだからね。なるべく効率良く、両想いをつくる。すると、やる気も湧いてきて、結果、会社の利益になる」

言葉を失った私に、部長はさらに思いがけないことを言った。

「ちなみに君は、うちの加藤が気に入っているね。加藤の方でも悪く思ってない。さっそく今日の帰り、飲みにでも行きなさい」



部長は、はしゃいた若い二人の背中を見送り、先ほど加藤が提出した新規事業計画に目を通す。

[社内での二股によるモチベーション向上については、まずは私をサンプルとして…]
その他
公開:18/10/26 22:28

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容