辛口の地酒

11
8

場末のスナックで、初老の男が一人カラオケを熱唱していた。

ママがパラパラと拍手を送ると、男は
マイクをカウンターに置き、ぽつりと呟いた。

「ママ、だめだよぅ。あんなことしちゃあ、言うけど知ってんだよ俺」

「なんのこと?」

「源さん……亡くなったんだよ」

「えっ……」

「酒にさぁ、塩入れちゃダメだよぅ」

「だって、あん人ぬる燗の辛口飲ませろって、うるさいからさぁ」

「そりゃあ通い詰めるよ、母ちゃんにうっすいもんばっかり食わされてんだから源さん。」

その日から、その客は来なくなった。

その噂を男が広げたのか、引き潮のように客は、来なくなった。

「閑古鳥って、どんな鳴き声するのかしらねぇ」

ママはタバコの煙を燻らすと、灰色の溜息をふかした。

客がやって来た。紳士風の男だ。

「いらっしゃい」

「ぬる燗ちょうだい」

「はい。お客さん、いい地酒あるんですよ、辛口の」
その他
公開:18/10/26 12:26
スクー 引き潮ぬる燗

豊丸晃生( 大阪 )

ショートショートの神様、星 新一を崇拝しています。
お笑い系のショートショートを中心に書いていきたいと思いますので、よろしくです(^^)。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容