第一回、誰かさんのショートショート講座(需要はあるかな?)

14
2

『夏休みのパンダの会話』

「ビキニ着た?」
「うん」
「真っ黒だね」


小説には、詳しく説明をしない方が面白いというタイプのものがあります。

詳しく書かないのだから、短くなるのは仕方がありません。

短い小説だからSSなのではなく、SSは、詳しく書かない方が面白い小説だから短いのです。

実は主と従の関係が逆なのですね。

わずかな文字数のSSが、小説の仲間入り出来ている理由は、このためです。

では、この本質を踏まえて、SSを書く方法をひとつ。

起承転結の”結”を書きません。

ここまで書けば最後まで書かなくてもわかるよね?という所で筆をおきます。


『そのぷりん、さんじになるまで』

「うまく割れなくて、手伝って」
卵を手に彼女が言った。
「ゴメン、両手塞がってる」
「じゃ、額にキスしてあげると言ったらどうする?」
「えっ」
「少しかがんで」


最後まで書かないだけでOK。
その他
公開:18/10/19 18:11
更新:18/11/08 03:27

誰か

心楽しい読書になりますように。

https://twitter.com/N2lQzhfmQ7KOqHd

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容