その水が飲みたい

6
55

体育の授業が終わった。喉がすごく渇いている。
僕は水を飲みたかったのだが、水道には行列ができていて、すぐに飲めそうにない。
僕は一旦諦めて、教室で少し待つことにした。
「暑そうだね」
隣の席の島田さんが声を掛けてきた。
「体育だったからね。島田さんは大丈夫なの?」
「体育館だったから、私は大丈夫」
「体育館でも暑くない?」
「私、運動神経あんまり良くないから、動けないんだよう。だから、大して汗もかかないし」
「そうなんだ。いいなあ」
「すごい汗だね。ちゃんと水分摂った?」
「水道がすごい並んでいたから、まだ」
「じゃあ、私の飲みかけで良いなら、あげるよ」
「え、悪いよ」
島田さんの飲みかけ……。飲みたい。でも……。
「ええい、いいから飲みなさい」
島田さんはペットボトルのキャップを外して、僕の口に無理矢理押し付けた。
ゴクゴクッ。
僕は液体を飲み込んだ。
島田さんの温もりを感じた気がした。
青春
公開:18/07/25 00:59

undoodnu( 日本:東京23区 )

構成の凝った作品が好きです。

電子書籍「その影が追いたい undoodnuショートショート集Vol.1」発売中:
https://www.amazon.co.jp/dp/B07M5QRH1K/

Twitter:
https://twitter.com/undoodnu

ベリショーズ Vol.2: ベリーショートショートマガジンに参加しました:
https://amzn.to/2DVLIKG

伏字31文字コンテストに入選しました:
http://bit.ly/2MA2Xo4

働きたい会社 ショートショートコンテストに入選しました:
http://ur0.link/O4mY

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容