0
53

おんなじ道を歩いているんだと思っていたのに、ほんとうはそれぞれ違う道を歩いていたんだね。

気がつけば遠くなっていたみんなとの距離にちょっとだけ寂しい気分になったりして、だけどそれも成長の証だと笑い合って。

もしかしたらすぐにさよならかもしれないけれど、それまではこうして笑っていようよ。
青春
公開:18/07/19 09:15

きざはし

140字小説を書いています。
http://twitter.com/kuruizaki63

もうひとつのアカウント
https://short-short.garden/author/808811

コメントはありません

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容