夏の釣り堀

2
8

「ヨッチャン、釣り堀行こうぜ」ケイタが呼びに来た。
「今日はどこに行く?」
「夏休み限定の場所があるんだ。そこに行こうぜ」
僕は自転車に飛び乗り、ケイタの後を追った。

着いたのは、廃校になった小学校だった。プールが釣り堀になっている。
「よし、釣ろうぜ。今日のは釣った後にも楽しみがあるんだぜ」

プールの水が流れるプールみたいに循環している。その水に乗って大量のスイカが流れていた。一つ一つのスイカに縄がついていて巨大な水風船みたいだ。プールサイドに立ち、レンタルした釣竿を振る。

ひっかかった!うわっすごい勢いで引っ張られる。

「ケイタ、助けて!」
隣を見るとケイタも釣れていて、必死の形相で竿を支えている。
「がんばれ、ヨッチャン。釣ったらその後はスイカ割だぞ」

あっ!

僕の手から竿が離れた。やられたっ!よし、ならば。僕はケイタの横に駆け寄り、共に竿を引いた。

「スイカ割!!!」
その他
公開:18/07/12 19:48
更新:18/07/12 20:01

いづみ( 東京 )

文章を書くのが大好きです。
いつかちゃんと書きたいと思っているネタが3本ありますが、いまだ手付かずのまま。
まずはショートショートで修行します。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容