0
72

役者をやっている俺は今日も監督に怒られた。演技がなってないと追い出された。
役者を辞めよう…そう思った時、恋人が俺に「猿汁」を勧めてきた。
「百番目の猿って知ってる?一匹の猿が芋を洗い始めたことから始まり、同じ行動を取る猿が増える。それが百匹目にまで行き渡ったら、群れ全体にその行為が行き渡った証拠の理論」
それは聞いたことはある。だから何だと言うんだ。
「これは猿の演じるエキスを抽出した物。通称・猿汁。これを飲めばどんな演技だって真似することが出来るの」
俺は半信半疑で恋人が差し出す薬を飲んだ。その日は憧れの俳優の演技を見て寝た。
次の日、俺は監督に褒められた。演技が見違えるように変わったと。
俺はすぐさま主役に抜擢された。仕事が増える。その度に猿汁を飲んだ。
俺に嫉妬する役者共は俺のことを猿真似と呼んだ。
何とでも言うがいい。
毛深くなった俺は今や着ぐるみなしで猿そのものだと褒められる。
ホラー
公開:18/07/12 19:13

コメントはありません

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容