40. カシスソーダの宇宙

7
85

昨日の夜 輝いてた火星は

夜空のどの星よりも 赤く 赤く 
燃えていた

そんな火星に 負けない色の
カシスソーダを

まだ半分も飲まないうちに 床一面に こぼしてしまった

あなたの そのやわらかい唇が
サヨナラを 告げた瞬間
二人の足元が 小さな宇宙に変わった

私は 吸いよせられていく 崩れ落ちながら

赤い 赤い カシスソーダ
壊れたグラスには もう戻れないの?

天の川みたいな カシスソーダ
あのとき交わした二人の約束は
もう叶えられないの?

見上げたら あなたは腕を伸ばして
私を起こしてくれた

でももう その手は 少しも温かくなかった


あなたが 旅立って行く 後姿を見ないようにして

私はカシスソーダを キライになりたくなくて

もう一杯(ふたたび) 頼んだ…。
恋愛
公開:18/07/08 09:00
更新:18/07/16 02:37

ことのは もも( 日本 )

日本語が好き♡
18歳の頃から時々文章を書いています。
最近書いたものと昔書いたものをランダムにアップしています。
どれかひとつでも誰かの心に届きます様に☆
感想はいつでもお待ちしています!
宜しくお願い致します☆

2018年5月から書き始めて、2019年3月の時点で200作になりました。
これからもゆっくりですが、コツコツ書いていこうと思います(*^^*)
 

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容