10
81

「鏡に魂を奪われるって話知ってる?」
「なにそれ?」
メイク中の私の後ろから声がした。
鏡越しに見ると彼が楽しそうに微笑みを浮かべている。
彼は時々おかしな話をする。今回もそれだ。
「鏡の中の自分は自分そっくりに見えても本当は違う。普通の鏡の反射率って90%も無いからね。反射しなかった10%の中のほんの少しだけ、気付かないうちに鏡に魂を抜かれているんだ。だからずっと鏡を見ていると鏡に魂を全て奪われる。そして自分っていう存在を乗っ取られてしまうんだ」
「…私のメイクの時間が長いって言いたいの?あなただって昔は鏡の前でずーっと前髪をいじっていたじゃない」
「ははは、ごめん、冗談だよ」
彼は笑って、いつものように左手で私の頭を撫でる。
私は彼のこの手が大好きだ。
大きくて、暖かくて、そして優しい。

…あれ?

そう言えば、彼はいつから右手じゃなく、左手で私の頭を撫でるようになったんだろう…?
恋愛
公開:18/07/03 08:29
人生初ホラー作品 怖いのはもう書かない!

のりてるぴか( ちばけん )

月の音色リスナーです。
ショートショートって難しい。
最初の頃は400字は短すぎるなんて思ってましたが、色々書くうちに400字に無限の可能性を感じるようになりました。

読んだ人の心が少しでも動いたらいいな。何かを感じてくれたらいいなと思って書いてます。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容