まぼろし飛行

3
73

バイクで走りに走って、見知らぬ田園に着いた。

あぜ道の傍らに※※珈琲焙煎所というのぼりが見えた。
店を覗くと、工場を思い起こさせる無骨な焙煎機器が並んでいた。
──いらっしゃい。
珈琲を注文し、店の前をウロついていたら草木に覆われた蒲鉾型のドームが見えた。それは凸型に穴が穿たれていた。

「あれ、何すか?」
──掩体壕。
「えんたいごう」
──飛行機専用の防空壕。戦争遺構だよ。
「ああ」
──出るよ。戦闘機の幽霊。
「え?」
──夜中にね、エンジン音が聞こえて
「へぇ」
飛行機だったらバイクよりも遠くへ行けるな……。

ブロォオオォン。

──驚いた?いいでしょ。焙煎気の音。
「……」
──ひひ。お待ちどう。
淹れたての珈琲の味は風を切るように爽やかで、沁みた。
──幽霊のエンジン音かと思った?

嗚呼。それはいい。
俺は飛行機の幽霊に乗って、どこまでもどこまでも飛んで逝きたいと思った。
ホラー
公開:18/07/04 02:04

椿あやか( 猫町。 )

【椿あやか】(旧PN:AYAKA) 
◆Twitter:@ayaka_nyaa5

◆第18回坊っちゃん文学賞大賞受賞
◆紙媒体で単著が出せるよう、精進中です。
◆お問合せなど御座いましたらTwitterのDM、メールまでお願い申し上げます。

◆【他サイト】
【note】400字以上の作品や日常報告など
https://note.com/nekometubaki
【NOVEL DAYS】
https://novel.daysneo.com/author/Tsubaki_Ayaka/



 

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容