信号待ち

2
75

「見て、交差点で犬が信号待ちをしてる、かわいい」

傍らに寄り添い、頭をなでても、毛を逆なでしても、耳を弄んでも、ゆっくりとしっぽを振るだけで、なすがままにされている。

ずっと座ったまま、対岸を見つめて、どこかに立ち去る気配はなかった。

「あなたは、何をしているのですか?」

「赤信号を待っているのですよ、お嬢さん」

「今は青信号ですよ、渡らないのですか?」

「いえいえ、お嬢さん、ですから赤信号になるのを待っているのですよ。人間のルールでは、交差点とは、赤信号を待ってから渡るものなのでしょう?」

「もう、それじゃあ、いつまでたっても渡れないじゃない、変なアフレコしないでよね」

「それは失敬、お嬢さん」

二人でクスクスと笑う。

ずっと大人しかった犬が、大きくしっぽを揺らして立ち上がった。

待望の人を見つけたようだ。

「やっぱり、ご主人様にはかなわないみたいだね、お嬢さん」
青春
公開:18/07/04 04:00

誰か

心楽しい読書になりますように。

https://twitter.com/N2lQzhfmQ7KOqHd

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容