雷子の落とし物

2
84

ピカッ、ドーン!

雷だ。結構近い。念のため近くのデパートに避難しようと思った次の瞬間、また、光った。ピカッ、ドーン、

バシャッッ!!!

うわっ。
足元で大量の水が跳ね、膝から下がずぶ濡れになってしまった。何が起きたのか。見ると、破裂した風船のようなものが落ちている。

「ねえ、このあたりに水風船が落ちてこなかった?」

後ろから声をかけられた。振り返ると5歳位の男の子だ。

「水風船?」
「うん、落としちゃって」

さっきの水撥ねか?地面に落ちている風船のかけらを渡す。「割れちゃったみたいだね」
男の子が泣きそうな顔で受け取った。
それにしても、どこから落としたというのだろう。もしかしてビルの上か?

「どこから落としたの」なるべく詰問調にならないように気を付けながら聞く。
「ふふ、それは内緒」

「お父ちゃんに怒られちゃうな」小さな声でつぶやくと、雷の鳴る方向に走っていった。
ファンタジー
公開:18/07/01 18:58

いづみ( 東京 )

文章を書くのが大好きです。
いつかちゃんと書きたいと思っているネタが3本ありますが、いまだ手付かずのまま。
まずはショートショートで修行します。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容