甘いマスクの佐藤くん

18
78

醤油顔とかソース顔とか言うけれど、可愛い顔した佐藤くんは正統派の砂糖顔男子だった。


「僕にはもったいないくらいだけど、デートしてくれて嬉しかったです。本当にあなたのことが好きです。頼りない僕だけど、付き合ってください」

デザートのカタラーナより甘い告白に酔いしれた私は二つ返事でOKした。


遊園地で少年のようにはしゃぐ姿はクリームソーダのようだった。あまりにはしゃぎすぎてくしゃくしゃになった髪の毛はわたあめのようにふわふわとした手触りだった。


夜にだけ見ることができる濃厚なビターチョコレートのような眼差しも、翌朝のちょっと眠そうでとろけるカスタードシュークリームのようなあくびも、甘党の私には毎日の些細な出来事がご馳走だったのだけれど。


「ごめんなさい。別れましょう。やっぱり甘いだけじゃ私だめなの。」


だって、長い夏を乗り切るためには塩顔男子で塩分チャージが必要でしょう?
その他
公開:18/07/02 12:42
更新:18/07/02 18:25

ぱせりん( 千葉 )

北海道出身です。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容