8
92

友人に連れて来られた店先にはJAZZの看板が立っていた。ジャズに興味無いんだけど…。渋々ドアを開けた途端、物凄い轟音が響いた。

バギャァンボべンプァーーン!

驚く俺の隣で友人は溜め息をついた。
「たまにいるんだ、ああいうのが…」
不安になりながらも店に入ると、先程の轟音が嘘のように静かだった。友人は店主と挨拶を交わした後、小声で何やら話しかけた。店主は頷いて棚から小瓶を取り出し、グラスに注いで俺の前に置いた。見た目は炭酸飲料だ。試しに飲んみると、トランペットの音が頭に鳴り響いた。
ルパン三世のテーマだ!
興奮してグラスを一気に飲み干した。ピアノやベースが重なり、お馴染みのメロディーにテンションが上がる。
うおお!歌いたくなってきた!
立ち上がってグラスをマイクにした途端、友人が焦った。
「バカ、やめろ!」
「おーとこにバギャァンボベンプァーーン!」
俺の盛大なゲップが店内に鳴り響いた。
ファンタジー
公開:18/06/25 00:03
更新:18/06/25 18:04
田丸先生の「ジャズの泡」と同じ店

のりてるぴか( ちばけん )

月の音色リスナーです。
ショートショートって難しい。
最初の頃は400字は短すぎるなんて思ってましたが、色々書くうちに400字に無限の可能性を感じるようになりました。

読んだ人の心が少しでも動いたらいいな。何かを感じてくれたらいいなと思って書いてます。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容