木曜日

0
43

なんだか全てが嫌になった
ある夏の日、木曜日の放課後のことだった
わたしはお財布と携帯電話
ペットボトルのサイダーを詰め込んで家を出た
制服のまま水色の古びた自転車に乗り
沈む夕日を背に夜の町に吸い込まれて行った
しばらく走ると山道に入った
ずっと長い長い上り坂が続いていた
少し疲れたのでひっそりと佇む自販機の横のベンチで休憩を挟む
今頃みんなどうしているだろうか
充電せずにいた携帯電話はすでにバッテリー切れで真っ暗だった
この先の道は下り坂のようだったので先に進むことにした
夏の夜の生ぬるい風に髪を泳がせていたら
全てが嫌だったことなんていつの間にか忘れていた
しばらく坂道を下っているとどこからか潮のにおいがする
すると、急に拓けた場所が現れた
自転車を押して近づいてみると
辺り一面に星空が広がっていた
よく見ると星空の上に船が走っている

そこには、境界線をなくした空と海が交わっていた
青春
公開:18/06/21 18:01
木曜日 自転車 家出 サイダー

もえぞう( 福岡県 )

こんにちは。

思いついた事を気まぐれに投稿します。

詩を書くのが趣味で、

座右の銘は【シャツのボタンはいちばん上まで】です。

よろしくお願いします。

コメントはありません

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容