おもいでオルゴール

12
106

数日前に逝った妻からの最期の言葉は、「タンスの上から2番目の引き出しを見て」というものだった。タンスからは手紙と注文票が出てきた。
手紙を読むと、注文したものを受け取りに行って欲しいとだけ書いてあった。


「すみません、受け取りにきたのですが…」
「はい、注文票は…ありがとうございます。少々お待ちください」
少しして、店主が俺に手渡したのはふつうの“オルゴール”だった。

家に帰ると、すぐにオルゴールを開けてみた。

そこから、流れてきたのは…初めて二人で見た映画の主題歌。
その時、まだ彼女だった妻に言ったのだ…。
「あなたとずっと一緒にいたい」と。
ずっと覚えていてくれたなんて…。
皺だらけの手で、オルゴールを抱きしめた。


そういえば、店を出るときに店主がこう言っていた。
「この店の名前は…おもいでオルゴールです」
恋愛
公開:18/06/21 13:14

すみれ( 群馬県 )

書くこと、読むことが大好きな大学3年生です。
青空に浮かぶ白い雲のように、のんびり紡いでいます。
・プチコン「新生活」 優秀賞『また、ふたりで』
・ショートショートコンテスト「節目」 入賞『涯灯』

コメントは、ゆっくり読ませて頂いています。

Twitter @sumire_ssg 
Instagram @sumire_ssg

【新作のおしらせ】
『秘密の小箱。』
https://short-short.garden/S-uCThXX
『かべのクジラ』
https://short-short.garden/S-uCThZU

5月の目標
自分のために書く。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容