然の憑く夜

34
23

全然眠れない。突然、俺は背後に異様な冷たさを感じた。
毅然と振り向いた俺は、唖然とした。俺同然の男が、俺に不自然に張り付き、声高にこう言った。
「誰だ!おまえ?」
誰だ!おまえ?って、おまえこそ誰だ?と言う前に、部屋のドアが騒然と開いた。
忽然と姿を現した男も、俄然俺に激似。
「誰だ!おまえら?」と憤然。
一体どうなってるんだ、と思うや否や、誰かが2階から偶然降りてきた。歴然たる妻だった。しかし、眼前には俺達3人がいるのに、何も言わず必然と冷蔵庫に向かい、ミネラルウォーターを平然と飲み始めた。俺は呆然とした。
愛犬のキョロが悠然と入ってきた。よし、これで偽物が判然する。しかし、キョロは吠えもせず、テレビの横の自分の小屋に平然と横たわる。
釈然としない中、またキョロ?が突然入ってきた。間髪を入れず、4人と1匹に向かい、歯を剥き出し猛然と吠え出した。
「誰が、誰だ?」
依然断然に愕然の夜。
その他
公開:18/09/03 01:25
更新:18/09/03 04:33

渡辺 隆一( 千葉県野田市 )

千葉県野田市在住の、渡辺隆一です。
小学4年生の頃から、文章を書くのが好きで、
今も、趣味で書いています。
ショートショートが、好きです。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容