80. 天国への嫁入り

19
37

私の曾祖母は若かった頃のことをよく話してくれたが祝言を挙げた日のことだけは記憶がすっぽりと抜け落ちていた。
その理由がずっと分からなかったのだが、老衰で弱っていく中親戚の人が見舞いに来てくれたので、曾祖母の従姉妹だという人に聞いてみることにした。
その人の話によると曾祖母たちの祝言の日の朝に曾祖父に赤紙が届いたらしく、予定通りその日の午後から祝言は執り行われたのだがあまりのショックにその記憶が抜け落ちたのだろうということだった。曾祖父はその一週間後に出兵して結局帰ってこなかった。

今年も終戦記念日が近づくと曾祖母は悲しそうな顔で曾祖父の遺影を見つめていたがちょうどその日に亡くなった。お盆だから迎えに来たのかな?そんなことを皆で言いながら通夜を迎えた。
死装束は祝言の前日に着ていた着物とソックリなものを着せた。曾祖母の一番幸せだった日のものを。

日暮が鳴きながら8月が終わろうとしている。
その他
公開:18/08/28 09:03
更新:18/12/12 21:03
スクー 記憶のない結婚式

ことのは もも( 日本 )

日本語が好き♡
18歳の頃から時々文章を書いています。
最近書いたものと昔書いたものをランダムにアップしています。
どれかひとつでも誰かの心に届きます様に☆
感想はいつでもお待ちしています!
宜しくお願い致します☆

2018年5月から書き始めて、2019年3月の時点で200作になりました。
これからもゆっくりですが、コツコツ書いていこうと思います(*^^*)
 

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容