1
24

僕の妻は雪女と呼ばれている。とても美しいが、冷たく、何物も寄せ付けない雰囲気があるからだ。
僕はそんな妻を愛している。
妻は僕の財産を愛していると言っているが、それでもかまわない。財産もまた僕の魅力の一つだからね。
でも、一つだけ許せないことがあったんだ。
妻と来たら、僕がいない間に家に男を呼び込んで楽しそうにしているではないか。
その姿はとても雪女には見えない。美しくもない。
だから僕は妻にふさわしい部屋を用意した。大型冷蔵庫だ。
大型冷蔵庫の中、妻は今も変わらぬ美しさと冷たさを保っている。
今日で僕と妻は結婚30周年。僕が妻を氷漬けにしてから29年目。
雪女となった彼女の手入れは大変だよ。霜が降りたら美しくないからね。
丁度いい美しさになるよう、僕はいつも氷を磨いている。
妻と一緒にいた男?ああ、そいつなら雪山に捨ててきたよ。男を保管する趣味はないからね。
ああ…今日も妻は美しいなぁ…
公開:18/08/26 19:16

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容