1
23

夏休み明けの教室には子供達の元気な声が飛び交っていた。
まだ夏休み気分が抜けていないのだろう。ま、今日くらいは許してやるか。
小学校で教員をやっている私は元気に日焼けした子供達を見て微笑んだ。
そんな中、一人だけ真っ白な子がいた。まるで美白でもしているようだ。
それが女子だったら分かる。今の子ときたら小学生時分から日焼け止めが必須だと今も目の前で話している。
でも、その子と来たら女子よりも白いのだ。まるでこの夏休み、全く日に当たらなかったような…
「おい、お前!何で日焼けしていないんだよ!」
その子が男子に囲まれている。
いけない!いじめに発展する前に教師である私が止めなければ!
しかしその子は自信ありげにシャツを脱いだ。
すると、シャツの下が見事に日焼けしていたのだ。
「こっちも見る?」
そう挑発するようにズボンとパンツに手をかける。
…一体、彼はこの夏休みをどこで過ごしていたのだろう?
公開:18/08/25 19:10

魔法動物フィジカルパンダ

元・パンスト和尚。
7月9日、試しにペンネーム変更。気分転換を図る。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容