ショートショート落語

22
36

松吉いう男が公園の前を通ると、セミの声が聞こえてきた。コクミーンコクミーン「なんやおかしなセミやなぁ」公園の中に入ると、大きな木に背広姿の男が木にしがみついて鳴いとった。「あのそれ、セミのマネでっか?」松吉がそうたずねると、男は両手で握手を求めてきた「国民の味方、金尾光造でごさいます!」「金尾光造さん?」「はい!政治家として頑張っております!」「頑張ってるて、他にやることありまっしゃろ」「この木から甘い汁が出ると聞きまして、吸わせてもろてます」「へえ、甘いでっか?」「はい。大金の味がします」「大金!私にも吸わせてもらえまっか」「その前に腹、見せてもらえますか」「腹でっか?」松吉がシャツをめくると政治家は首を振った。「あきませんなぁ、もっと黒ぅならんとこの木は吸えませんわ」「どないしたら吸えまんねん?」「まず官僚の懐に大金放り込んで、舌をもらわなあきませんわ」
「どんな舌?」
「二枚舌」
その他
公開:18/08/23 12:20
落語 セミ 政治家

豊丸晃生( 大阪 )

ショートショートの神様、星 新一を崇拝しています。
お笑い系のショートショートを中心に書いていきたいと思いますので、よろしくです(^^)。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容