幼馴染と墓前で一杯

4
31

夫の卓三の三回忌。お寺で法要をしてから、お墓参りに来た。住職も一緒に参ってくれる。
「今日は来られなかったけれど、卓也もタイで元気でいるようですよ」
いつも見ていて知っているとは思うものの、お墓の前に来るといろいろと話しかけてしまう。

そのとき、何かがすう~と近づいてきた。周りの空気が冷たくなる。
「あちらの川浪さんからです」住職が静かな声で言う。
指されたほうをみると、若いご夫婦がこちらを見ている。
会釈をすると、女性のほうが話しかけてきた「お父さんが洋子さんと話がしたいと言うので」

ああ、川浪さんって幼馴染のヨッチャン。ということは、今ヨッチャンが隣にいるの?

試しに話しかけてみる「ヨッチャン?久しぶり」
すると頭の中に声が響く。「はは。久しぶりヨーコちゃん。卓三さん、ちょっとヨーコちゃん借りるよ」

住職がお酒をくれた。「どうぞ、ごゆっくり」
お供え物つまみに一杯やりますか。
その他
公開:18/08/20 15:42
スクー あちらのお客様から幽霊

いづみ( 東京 )

文章を書くのが大好きです。
いつかちゃんと書きたいと思っているネタが3本ありますが、いまだ手付かずのまま。
まずはショートショートで修行します。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容