エリア-B

16
37

エリア-A突破!
タリクが無線を通して伝えてきた。
残るは、2エリア。
タリクは一旦待機し、ユリアヌスが先陣を切って突っ込んでいった。

エリア-B。
そこには、魔物が住むという。
ユリアヌスは大丈夫だろうか。
私は心配になった。
煙草を吸って落ち着こう。
「ふぅー」
たまには、アレ、吸いてえな。
煙草と同じく吸うでも、吸うだけでなく舌先でコロコロと遊ばせたり、軽く噛んでみたりもできる。

ユリアヌスからの通信がない。
タリクがエリア-Bへ突入した。
ユリアヌス……タリク……どうか、どうか無事でいてくれ。

通信が入った。
助けてくれ。敵は三人。一人はお前に相手してほしい。
私はエリア-Bへと急いだ。

エリア-B。
地区B。どうしてもアレを連想させる。
先程煙草を吸ったせいだろうか、余計に欲求が高まってしまった。
この任務が終わったら、吸いに行こう。
ユリアヌス、タリク、生きて帰ろうな。
青春
公開:18/08/16 01:32
更新:18/08/16 01:38
Twitterって怖い

undoodnu( 日本:東京23区 )

構成の凝った作品が好きです。

電子書籍「文学」無料発売中:
https://www.amazon.co.jp/dp/B07VLTQBTH/

電子書籍「その影が追いたい undoodnuショートショート集Vol.1」発売中:
https://www.amazon.co.jp/dp/B07M5QRH1K/

電子書籍「その電脳がハックしたい undoodnuショートショート集Vol.2」発売中:
https://www.amazon.co.jp/dp/B07RB2C424/

Twitter:
https://twitter.com/undoodnu/

働きたい会社 ショートショートコンテストに入選。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容