4
40

魂には甘いにおいがある。
浮き輪の空気が抜けるように、少しずつ魂はもれる。
その人は、黒い服を着て満員電車に乗っていた。
体の小さい私は、その人の背中に蝉のようにくっついて混雑を耐えた。
夏なのにひんやりとした背中だ。
電車がトンネルに入ると、車窓には乗客たちの目が星空のように映って、私は背中の人を探した。
大きな背中は確かにここにあるのに、窓に姿は映らない。
その人の魂は、肩甲骨の下にある小さな穴からもれていた。
においに誘われて私が穴を覗くと、そこには生まれ育った家の風景があった。庭の物干し竿には、しぼんだ浮き輪と幼い私の水着がある。
迎え火を焚くまだ若い両親。
ぼーんしょーらい。
ぼんしょーらい。
私は、そこに自分がいないことがとても悲しいことに思えて、謝るように穴を塞いだ。

彼岸発此岸行。
老いた両親の目が星になって車窓を流れていった。
幼いままの、私の帰省。
懐かしい背中。
公開:18/08/13 14:40
更新:18/08/15 09:53

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容