記憶喪失の屋根

8
37

あのこどこのこ。あのこはわたし。わたしはどこのこ。おそらをふらふらただただただよう。わたしはやねだよ。

雲一つない晴天の日、空には異常事態が起きていた。
真っ青で広大な海をエイが泳ぐかのごとく、晴天の空を巨大な屋根が泳いでいた。ふらふらと漂うように。

わたしはやね。おうちはどこなの。わからない。おくもにきいてもわからない。ふらふらふらふら。わたしはどこへいけばいいの。

屋根はふらふら、あっちへ行ったりこっちへ行ったり。他の家の屋根にぶつかりそうになったり、電線にぶつかりそうになったり。

ふらふらふらふら。きもちいい。おそらはきもちいい。

屋根は危険と判断され、空から落とすことに決定した。部隊は配置に就き、銃口を構える。屋根に向かって、全弾発射される。広場には、銃弾で穴が大量に空いた屋根が落下した。

ふらふらふらふら。わたしはもうしぬのかな。きもちよかったな。おそらへいくのかな。
ファンタジー
公開:18/08/13 00:04

undoodnu( 日本:東京23区 )

構成の凝った作品が好きです。

電子書籍「その影が追いたい undoodnuショートショート集Vol.1」発売中:
https://www.amazon.co.jp/dp/B07M5QRH1K/

電子書籍「その電脳がハックしたい undoodnuショートショート集Vol.2」発売中:
https://www.amazon.co.jp/dp/B07RB2C424

Twitter:
https://twitter.com/undoodnu

働きたい会社 ショートショートコンテストに入選しました:
http://ur0.link/O4mY

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容