ミラーボールを消さないで

0
13

なんにもない。それがぼくの最初の記憶。「無」という漢字を見るとほっとする。死ぬのがこわいと叫ぶ人が不思議だった。ただ、もとに帰るだけだと思っているから。こういうのを、死生観って呼ぶらしい。理解できなかった。理解したいと思った。

おじいさん、おじいさん、どうして死ぬのがこわいのですか。ぼくはそうして尋ねて回った。いろいろな答えが返ってきた。そして気づいてしまった。そのどれもが「本当はあれをやりたかった」と「わからないからこわい」に収まってしまうということに。ぼくは震えた。いま生きている人間が死のためにどれだけの欲求を抑制し、わからないからこわいの時間を過ごしているんだろう。ありがとうございました、と礼を言うのが精一杯だった。

ぼくは宇宙人なのかもしれない。理解されなくても大丈夫、のおまじないを言い訳にする。家に帰ろう。ぼくらは別の惑星出身なのだと思えば、優しくなれる気がした。
その他
公開:18/08/10 20:28
更新:18/08/10 20:30
小説 ショートショート 400字物語 一話完結

尾脇優菜( 愛媛県 )

400字の物語や詩を紡ぎます。連載もありますが、すべて一話完結(各話完結)なので、どこからでも自由に遊びに来てくださいね。

コメントはありません

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容