魔女っ子アンちゃん3

7
32

我が家の二階にある出窓付きの部屋が僕の部屋だ。
「おーい!」
外で魔法使いのアンが呼んでいる。
「おいおーい!」
あぁ、面倒臭い。
「おいおいおーい!」
しつこいな、おい。
「おいおいおいおい、おいっ!」
我慢の限界だ。
僕は窓をガラャと勢いよく開け、家の前でこちらを見上げているアンを見下ろし叫んだ。
「人んちの前で『オラオラ!』的なノリで呼ぶな!」
「新しい魔法覚えたの! 見て見て♪」
僕が言葉を発する間もなくアンは呪文を唱えていた。

「アンブレーラ・アンブレラ、ピチピチ・チャプチャプ・ランラン、ラーン♪」

ファーーー。

「シャボン、玉?」
無数のシャボン玉が僕の目の前に。そして次々にパチパチパチッと弾けていった。おい!
アンが「どう? メルヘンチックでしょ?」と満面の笑みを浮かべている。
僕は無言で窓をピシャッと勢いよく閉めた。
「あ、ちょっとー!」

やれやれ、顔が洗剤臭いわ!
ファンタジー
公開:18/08/09 23:15

壬生乃サル

2019年(8/8~)
・のんびり55本ノック!
6/55 (9月12日現在)
2019年(~8/8)
・500まで(180本)ノック!完走。
2018年(5/13~12/31)
・壬生の(320本)ノック!完走。

壬生乃サル (みぶ の さる)
https://twitter.com/saru_of_32

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容