ヘイシル

7
49

知りたい知りたい知りたい。
知に対する無限の欲求。湧き上がる衝動。
そんな僕には心強い味方がいる。
シルさえあれば、答えがわからなくて、グルグルすることなんてない。
「ヘイシル」
「はい、なんでしょう」
シルは僕の呼びかけにすぐさま反応する。
「ここらへんで、うまい定食屋を教えて」
「進行方向そのまま555メートル先を右折すると、『定食UMA屋』があります。おすすめは、特製謎肉定食です」
このように、シルは僕の問いかけに対して答えを教えてくれる。
僕はシルが示してくれた道を進み、『定食UMA屋』へとたどり着いた。
「いらっしゃいませ! お客様一名様!」
「特製謎肉定食を一つ」
僕はシルおすすめの特製謎肉定食を頼む。

やがて、特製謎肉定食が来た。
まずは味噌汁をひとくち。
おっと、こぼしてしまった。
でも安心。僕にはシルがついている。
「ヘイシル。味噌汁がこぼれた。どうしよう」
「知るか」
その他
公開:18/08/06 23:43

undoodnu( 日本:東京23区 )

元NEET。ITエンジニア・小説家・インデックス投資家。
構成の凝った作品が好きです。
雑絡みOK!

電子書籍発売中:
https://www.amazon.co.jp/undoodnu/e/B07MK93FWK

Twitter:
https://twitter.com/undoodnu

note:
https://note.com/undoodnu

ベリーショートショートマガジン「ベリショーズ」参加&編集&IT技術顧問:
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07PDJ6QPL

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容