スニーカーの怪

24
58

赤いスニーカーを見かけたのは、友人の通夜だった。会場だった友人宅の軒先にポツンと置かれていた。
その後、私は通夜や葬式で同じような赤いスニーカーを幾度となく見かけた。それは必ず事故が原因で亡くなった場合で、私は不審を抱いた。赤いスニーカーの持ち主が、事故を装い殺人を犯しているのではないかと妄想をしたのだ。
その日、 家に帰ると玄関に赤いスニーカーがあった。似ている。私は妻に尋ねた。
「あの赤いスニーカーはどうしたんだ?」
「ああ、健のよ」
息子の?私は玄関に行き、赤いスニーカーを見た。やはり似ている。そしてなんとはなしに足を入れ履いた。その瞬間、私は玄関を飛び出し走り出していた。速い。風を切るスピードで走っている。あぁ、気持ちがいい。
前に踏み切りが見え、遮断機が下りるのが見えた。私は全速力で、走ってくる電車にダイブした。

赤いスニーカーは血飛沫を浴び、確かに笑いながら走り去っていった。
その他
公開:18/08/05 21:42

むう( 神奈川 )

好きなもの。音楽、本、漫画、映画、舞台。
昆虫。人体。中島らも。大人計画。松尾スズキ。EGO-WRAPPIN'。坂本慎太郎。椎名林檎。
白むうと黒むうがいます。

twitter
むう@nomunomutayuma

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容