人の話を聞かない内線電話

2
43

RRRRR
内線が鳴った。
「はい、徳田でございます」
「ちょっと肩こりがひどくてねぇ」
いきなり砕けた調子で話し始める。
「どなたですか?」
「腕も上がらなくなってきて。六十肩かねぇ」
相手は名乗りもせずに世間話を始める。

慌てて、ネットの社員リストで、かかってきた内線電話を検索する。
『該当しません』
存在しない内線電話からかかってきている?

「徳田でございますが、なにか御用でしょうか」
「チョコレートをポッケに入れておいたらこの暑さだろう、ベタベタに溶けちまって、参ったよ」
「六十肩でしたら健康相談室、クリーニングでしたら総務課にご相談ください」
そう言って切ろうとするが、相手は構わず話し続ける。
「今度、孫が遊びに来るんだけれど、おやつは何がいいかねぇ?」
「なんのお話ですか、いい加減にしてください」
ガチャン

同僚がクスクス笑っている。
「それ、社長のいたずら電話ですよ」
その他
公開:18/08/05 21:07
スクー 人の話を聞かない内線電話

いづみ( 東京 )

文章を書くのが大好きです。
いつかちゃんと書きたいと思っているネタが3本ありますが、いまだ手付かずのまま。
まずはショートショートで修行します。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容