0
52

踏み潰したイヤリングが壊れるみたいに貴方によって粉々にされた私の心に貴方はどう責任を取ると言うのでしょうか。

秋の高い空に手のひらを翳して別れを告げるようにひらひらと振る。

私を大事にしてくれない貴方などちっとも要らないからどうぞ此処から立ち去って。

鱗雲がゆっくりと空を流れていった。
恋愛
公開:18/07/28 08:39

きざはし

140字小説を書いています。
http://twitter.com/kuruizaki63

もうひとつのアカウント
https://short-short.garden/author/808811

コメントはありません

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容