恋ドラ【桜高校帰宅部】

4
50

その担任、深沢涼子は、保護者から呼び出され、教室で叱責を受けていた。
「なんですか!この問題集は」
「特別に理解を深めるために……」
「ウチの子、馬鹿にしないで!」
婦人は問題集を投げつけ、教室を去った。
涼子は校庭の裏庭にあるベンチに座り、空を見上げていた。
「あ、涼子ちゃん。泣いてんの?」
生徒の西崎健斗だった。
「うるさい、帰宅部。ほっといて」
「モンスターに倒された?じゃ戦いに行こっか」
「ちょっ、離して!行かないから」

(ゲームセンター)

ズダダダダ……ダン!
「キャ〜ッ!バイオハザード最高ぅ〜!」
「だろ。涼子ちゃん上手」

(公園)

「西崎くんありがと、スッキリした。ごめんね気つかわせちゃって」
「辞めんなよ」
「うん……でも、無理かも」
背を向け震える涼子を、健斗は両腕で包み込んだ。
「先生、帰宅部入れよ。ずっと笑わせてやっから」
「……バカ(涙)部員は私だけだぞっ」
青春
公開:18/07/27 21:29
先生 生徒 帰宅部 恋愛 青春 モンスターペアレント

豊丸晃生( 大阪 )

ショートショートの神様、星 新一を崇拝しています。
お笑い系のショートショートを中心に書いていきたいと思いますので、よろしくです(^^)。

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容