55. 宇宙政府様

4
52

21××年、宇宙空間で初めてと言える大地震が起きてしまった。

それにより太陽にヒビが入り機能が低下してきたので宇宙政府は前もって用意していた第2の太陽の運用を始めた。
宇宙に大地震が起きるかもという予測は21世紀からあったので極秘で集めた精鋭の科学者たちに新しい太陽を作らせていたのだ。

しかしテスト運用は出来なかったままだったのでまだ威力が弱い。

そこへ太陽光が足りないと惑星たちが、運営する宇宙政府の元へ集まってきた。
真っ先に駆けつけたのは太陽系の惑星では金星。
そこから次々と他の惑星や準惑星が列をなした。

地球は火星より先に到着したが22世紀の地球は温暖化が益々深刻化しており、宇宙政府に頼んで火星と入れ換えてもらおうと思案している。

申請が通ったら地球人たちを全て火星に移住させる予定だ。
それにより地球本来の環境を取り戻し、今度こそ環境破壊や温暖化を防ぐ所存だ。
SF
公開:18/07/28 00:00
更新:18/07/28 09:51
45.セーフ!!にも通じています

ことのは もも。( 日本 関西 )

日本語が好き♡
18歳の頃から時々文章を書いています。
短い物語が好きです。
どれかひとつでも誰かの心に届きます様に☆
感想はいつでもお待ちしています!
宜しくお願い致します。

こちらでは2018年5月から書き始めて、2020年11月の時点で300作になりました。
これからもゆっくりですが、コツコツと書いていこうと思います(*^^*)

2019年 プチコン新生活優秀賞受賞
2020年 DJ MARUKOME読めるカレー大賞特別賞受賞
2021年 ベルモニー縁コンテスト 入選
 

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容