夢を与える猫

0
6

「ちょっと、ちょっと、おみゃーさん」
振り向いてみたが、誰もいない。

足元に、トラ猫がいる。
猫が喋っている??

「わしだて。おみゃーさんに、話しかけたのは。おみゃーさん、寝不足に見えたんで、声かけたんだわ」

ずっと悪夢続きで、眠れていない。そのため、何故、猫の言葉がわかるのだ?という疑問がどうでも良くなった。

「何で猫が名古屋弁喋っているの?」
猫に聞いてみた。
「名古屋弁じゃにゃーて、猫語だわ」
猫は答えた。
 どこかの市長みたいだ。

「何か用、猫さん」
「あんたに、わしの夢をあげようかなと思ってな」

それが本当なら、悪夢から解放される。
「じゃあ、もらえないかな」
「よし、ほんなら、今日から毎晩、わしの夢を見て寝やー」

 猫の夢って何だろう。そう思い、その日は寝床についた。見た夢は、一日中寝ている夢だった。

 その日から、ぐっすり眠れるようになった。
ファンタジー
公開:18/05/17 03:03

たかたかぼーい

文化センターで、ショートショート講座を受け始めました。
初心者ですが、よろしくお願いします。

コメントはありません

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容