仏となり

0
101

私が愛してほしいと願ったから、あなたは苦しんだのでしょうか。

淡黄色の着物に咲く白い菊がはらりと音を立て散ってゆく。

こうなることははじめから決まっていたはずなのに、私は未だあなたの影を必死に探している。

歩き疲れて棒のようになった脚が立ち止まった先に、石が積まれた細やかな墓が見えた。
その他
公開:18/05/12 09:46

きざはし

140字小説を書いています。
http://twitter.com/kuruizaki63

もうひとつのアカウント
https://short-short.garden/author/808811

コメントはありません

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容