天使の鉛筆

2
50

ある街に飢えた絵描きが暮らしていました。
そんな彼の元へ、天使がやってきました。

天使は絵描きに一本の鉛筆を差し出します。
「君の食べたい物を描いてごらん」
絵描きは試しに、パンと肉を床に描きました。
すると床から料理が浮き出し、実際に食べる事ができて味も見た目通りのおいしさです。
「おお、神よ感謝します!」

それからというもの、絵描きは床に料理を描いては飢えをしのぎました。

しかし、天使がくれた鉛筆も小さくなってきました。絵描きはどうにか長持ちさせられないかと考え、あの日の天使を床に描いてみました。
そして実体化した天使に同じ鉛筆を出してもらいました。味は少し粉っぽいような気もしましたが、絵描きは構わず食べ続けました。

最近見かけなくなった絵描きを心配して、彼の友人が部屋を訪れました。が、部屋に絵描きの姿はありません。
ただ部屋の床に、絵描きにそっくりの男が描かれていました──。
ファンタジー
公開:18/05/08 20:34
更新:18/05/30 12:10

渋谷獏( 東京 )

渋谷獏(しぶたに・ばく)と申します。
https://twitter.com/ShaTapirus

コメント投稿フォーム

違反報告連絡フォーム


お名前

違反の内容